カテゴリ:Paris_2010.01( 3 )
魔女の店へ。


前回、昨年9月にパリに立ち寄った際に気になるお菓子屋さんがあった。
トモダチ曰く「魔女の店」
中の雰囲気がどこかそんなイメージなのだとか。
ショーウィンドーから覗くお菓子たちも、ひとくち口にすると魔法がかかりそうな
個性的なものばかり。
あの時、またその通りを通るだろうと眺めて結局その後、訪れることなく帰国。
なぜか魔女の店のことが気になって仕方なかった。
f0022547_2232698.jpg


今回、パリに行ける!とゆうことになって、真っ先に頭に浮かんだのは友人たちの顔だが。
2番目に浮かんだのは魔女の店。
持ち帰るのはムリかな、と思ったけれどバラ売りのクッキーを持ち帰った。
瓦せんべい、ヨロシク。タイルみたいに大きなクッキー。
f0022547_224891.jpg



ラベンダーやバラなど。
花の香りとほのかに甘いその味はきっと、それら花の砂糖漬けが忍び込んでいるせいだろう。
香水の味、みたいにならないさりげなく上品な初めての味覚に
久々に丁寧に紅茶をいれてみた。

しかりやはり残念なのだったのは、この写真ではわかりづらいけれど
ジツは割れていた。
大きなクッキーだから、割れてたほうが食べ易い大きさになるってもんだと
思い直したけれど... ちょっぴり残念!




AURORE - CAPUCINE
patissier-chocolatier
3, rue de Rosheshouart 75009 Paris.
[PR]
by zeauxzeaux | 2010-02-02 22:19 | Paris_2010.01
paris 10:00 a.m. ー helsinki 15:00 p.m.


3時間遅れたという以外は、なんの問題もなく
無事に帰宅しました。

中部国際空港に午前9時に到着するはずが、12時過ぎの到着とゆうだけで気疲れしましたが...

乗ってしまえば帰るだけ。
機材到着遅延が理由の出発&到着の遅れでしたが、それもこれもすべて。
身も気もなりゆきに委ねてみるのもご一興。

そうするしかない、といえばそれまでですが。
せめてもの掬いは往路でのトラブルではなかったこと!
いやぁ本当に!パリへ向う時間が正確だったことを思えば、このぐらいのトラブルは
なーんてコトなーいワ。

--

ジツは、-あの日のヘルシンキ と同じ場所で↓の更新をしました。
まだ夏の気配のする様子と一変し、昨日のヘルシンキは肌を刺す冷たい乾いた空気。
吸い込んだ瞬間、むせました。

f0022547_21212747.jpg




気持ちは寂しいのに、快晴だった朝のパリ。
10:00 am.
f0022547_21235529.jpg


トランジットの為、到着したヘルシンキ。
15:00 pm.
飛行機のトラップを降りて、バスに乗り込む時の吸い込んだ空気の冷たさは
今もまだ、私の鳩尾の記憶に鮮明に残っています。
キュッと蕾む感じ。
その冷たい空気が気持ちよかったー。
f0022547_2125562.jpg


ディレイも悪くないさ! 17e のお食事券。
[PR]
by zeauxzeaux | 2010-01-28 21:50 | Paris_2010.01
帰路、helsinki にて。


前略。
現在、日本に帰るためのトランジットでヘルシンキ・ヴァンダー空港におります。
この空港ではこれまで、時間スレスレでヒヤ汗をかいてばかりきたので
今回はパリを頑張って早起きして午前中の早めのフライトで無事に到着したのですが
日本へ向う飛行機がまさかっ!の時刻変更。

遅れているようです... ...

f0022547_23594887.jpg




今朝、今回お世話になっていたトモダチの家から空港に向うために北駅まで見送ってもらいました。
パリから飛行機が離陸する瞬間、あぁ〜!あと一日あったらなぁ!と。
いつも私はそう思うのですが、今回もまた、あと一日あればと強く思い
飛行機がひっくり返ってパリに留まれたらいいのになぁと思いました。

旅行だと、とかく忙しく時間は過ぎますが
今回は本当にいちにちいちにち、全部が記憶に残る時間を過ごせたように思います。

大好きなヘルシンキの空港も、今回の目的地がパリだったせいか、なんだかあんまりワクワクしないのは、なんでだろうなぁ。


帰りたくないー。
そんな気持ちを引きずって、あともうひとふんばり。
長い飛行機にのって元気に帰ろうと思います。
[PR]
by zeauxzeaux | 2010-01-28 00:08 | Paris_2010.01