空の上で出会った !! --ドイツのパンミックス--


ついこの間のことのようにも思えるし、もうずいぶん前のことのようにも感じるけど。
1月にパリに行った時、直行便のエールフランスの切符をわざわざヘルシンキ経由のフィンエアーにした。
理由はただ、空港内の免税店で昨年9月に買うことができなかったアレコレ雑貨を
細々と購入したいという、なんとも詰まらぬ理由だったワケだが。

その向う飛行機の中で、ヘルシンキを経由してスイスへ向う青年と隣合わせた。
時は1月、クリスマスに帰ることができず少し遅めの冬のバカンスとのことだった。
スイスでもドイツ語圏であるためか(?) 諸処の経緯もあってドイツのオーガニックのライ麦を
日本向けに輸入、ネット販売をしているという。

帰ったら必ずそのサイトを見るから!
と、別れ際のヘルシンキで彼の名刺をもらったが...

実は、なぜかヘルシンキの空港でパリへ向う飛行機の乗り継ぎにスッタモンダだった。
30分(だったかもう忘れちゃったけど)ぐらいのディレイ。ただですら時間スレスレの乗り継ぎ
だというのに、手荷物検査で足止め。
行きではなんの問題もなかった手荷物のリュックサックの中身をすべて(ホントにぜんぶー)出して広げる羽目になった。

怪しいモノなど、なにひとつ持ってない。
すでに出発の際に、実は一旦預けたスーツケースの中に不審物があると搭乗前にせっかく預けたスーツケースを広げる羽目にもなっていた。

思い出せばイロイロ大変だったんだよなぁ、と。
余談が長くなったが、そんな汗だくの私をすんなりスルーしたセキュリティの向こう側で
待ってまでして手渡された名刺。

これは帰国後に必ず連絡をし、その粉でパンを焼かねば!って思ってた。



le shop 24

f0022547_19451261.jpg



最初に送ってもらった分はすでに使いきってしまったので
注文しようと思っている。
リピですよ、リピ!
とにかく美味しいし、この粉のクオリティのパンを買えば高い。
そう、わざわざホームベーカリーを購入した1番の理由は、この粉を気軽に存分に楽しむためである。
ニクいことに、1袋がホームベーカリーサイズ。
300g に計量されており、塩までもが調合されている。
イーストと水さえ加えてスイッチさえ押せば出来上がってしまうのだ!

なのに出来映えときたら、香ばしくて噛み応えのあるどっしりとしたライ麦パン。
すばらしすぎる。

f0022547_19561535.jpg



せこい計算だけど、このサイズをパン屋さんで買うと...
などと大好物のはしっこを味見しながら、焼きたてを眺める。
出逢うってすごい。
そんな味も確かめ、噛み締めながら。
f0022547_19596100.jpg




グリーンカレーのペーストに夢中である。
これは鶏肉とアヴォガト、グリーンカレーの辛いペーストを合わせ豆乳で辛みを調整。
最後にたっぷりのパクチーで、グリーングリーンなグリーンカリー。

ゴツゴツした食感のパンにも合う。
我が家では私しか食べない秘密のカリーだったりもするんだけど。

f0022547_203144.jpg



パクチーって美味しいんだけどなぁ!
ちなみに私は葱や大葉、みょうがの感覚で。
身近にあればなんにでも添えたい大好物のお薬味なんだけどー。
なぁ!

ラーメンは普段あんまり食べないけど、味噌ラーメンの上に
パクチーをのっけたら... すごく美味しそうだと思うんだけど。
如何なモンだろう...


パクパク、チー!



--

追記.

私はミドリ色がよほど好きなのか。
グリーンカレーのペーストはもちろん、緑豆 MUNG ムングにも夢中。
春雨の原料というこの小さな豆は、短時間水につけておくだけでよいので気軽に使える。
アジアンなカレーに一緒に煮込んでみたり、ご飯(米)と混ぜてたいてみたり。
なかなか楽しい豆なのだー。

f0022547_2125225.jpg

[PR]
by zeauxzeaux | 2010-04-11 22:26 | a table
<< 4月の雪. ヴェルヴェンヌの庭。 >>