paris 10:00 a.m. ー helsinki 15:00 p.m.


3時間遅れたという以外は、なんの問題もなく
無事に帰宅しました。

中部国際空港に午前9時に到着するはずが、12時過ぎの到着とゆうだけで気疲れしましたが...

乗ってしまえば帰るだけ。
機材到着遅延が理由の出発&到着の遅れでしたが、それもこれもすべて。
身も気もなりゆきに委ねてみるのもご一興。

そうするしかない、といえばそれまでですが。
せめてもの掬いは往路でのトラブルではなかったこと!
いやぁ本当に!パリへ向う時間が正確だったことを思えば、このぐらいのトラブルは
なーんてコトなーいワ。

--

ジツは、-あの日のヘルシンキ と同じ場所で↓の更新をしました。
まだ夏の気配のする様子と一変し、昨日のヘルシンキは肌を刺す冷たい乾いた空気。
吸い込んだ瞬間、むせました。

f0022547_21212747.jpg




気持ちは寂しいのに、快晴だった朝のパリ。
10:00 am.
f0022547_21235529.jpg


トランジットの為、到着したヘルシンキ。
15:00 pm.
飛行機のトラップを降りて、バスに乗り込む時の吸い込んだ空気の冷たさは
今もまだ、私の鳩尾の記憶に鮮明に残っています。
キュッと蕾む感じ。
その冷たい空気が気持ちよかったー。
f0022547_2125562.jpg




「お待たせしてすみません」

と、航空会社から空港内のカフェテリア有効のお食事券17e./1人 が配布されました。
様々なフードコートで迷った挙げ句、あまり空腹でなかったため、好物の黒パンにスモークサーモンのサンドをメインにチョイスしました。
他にももっと、お腹にたまりそうなパスタやニクや魚のグリル(じゃがいも添え)のプレートなどもあり。

ちなみに、サーモンのサンドとヨーグルト、コーヒーでは17eの達せず
適当にお持ち帰り可能なおかしなどを17eマックスでプレートにのせました。
ちなみにコーヒーのマグカップは沢山の種類があり、悩ましかったです。
ミーが好きな私ですが、キブンはスナフキン。
なんだか一々楽しかった!
f0022547_2131949.jpg


フィンランドらしいプレートや食器、通常、私はこのように空港内で過ごすことがないので
これもアリだなぁ〜、と小さく楽しんでおりました。
子供みたいだけど、17eのおこづかいの範囲内で選ぶ楽しさ、みたいな!
f0022547_21373583.jpg


が!
ココらへんで、PCのバッテリーも切れ。
行きの手荷物検査で、ほぼリュックの中身すべてを広げる羽目になったので
最小限の手荷物での復路。
ちょうどトモダチへのメールを送ろうとゆうタイミングに画面が真っ黒に...
間の悪い、私の運命をのろいました。
f0022547_21413553.jpg



--


その後、滑走路の除雪&飛行機本体にはりついた雪(霜)の除去作業などで計3時間。
冬の北欧経由を自ら選んだのだから、恨みようもないなぁーと。
この様子を眺めながら、素直に諦めがつきました。

f0022547_21434794.jpg



--


さておき。
トモダチにいっぱい遊んでもらったパリ。
ちょっと垣間みた冬のヘルシンキ。

いっぱいいっぱい、いーーーーっぱい!
たのしんで、ちゃんと帰ってこれました。
f0022547_21482040.jpg






耳の空気も抜けてないし。
ひょっとしたら...
今夜は時差ボケかもなぁ!
[PR]
by zeauxzeaux | 2010-01-28 21:50 | Paris_2010.01
<< 憧れのパンオレザン。 帰路、helsinki にて。 >>